コンテンツSEOはアクセス数が安定化しやすい

キャッシュフロー乳酸菌 > > コンテンツSEOはアクセス数が安定化しやすい

コンテンツSEOはアクセス数が安定化しやすい

コンテンツSEOでは、コンテンツの検索順位がダウンしてしまうと、アクセス数の低下が起こります。

特にライバルサイトの浮上やアルゴリズムの変更で、アクセス数が少なくなることは十分ありえます。

けれど、そうだとしても人工被リンク等に頼ったブロックハットSEOと比べて、コンテンツSEOは間違いなく集客効果の安定感が高いです。

どうしてかというと二つあります。

1つは役に立つコンテンツを増やすことに集中するコンテンツSEOだとしたら、検索エンジンを騙すような方法を使わないため、アルゴリズムアップデートによるペナルティを受ける確率が低いこと。

もう1つは、SEOキーワードに多様性があることです。

このキーワードの多様性について細かく解説しましょう。

コンテンツSEOではビッグキーワードにしがみつくのではなく、スモールキーワードを沢山積み上げることでアクセスアップ増加を狙います。

ビッグキーワードというのは単語1つで形成されるキーワードや、よく知られているキーワードという意味です。

具体的に言えば「イタリアン」や「整骨院」はビッグキーワードだと言えます。

ビッグキーワードは検索回数が1カ月に数万回~数十万回と段違いに多いのですが、ライバルサイトもうんざりするほどあるため検索上位をゲットするのは至難の業です。



検索上位である1ページ目に出すには10位以内に入らないといけないため、キーワード「イタリアン」で上位を獲得するには1億件以上もの競合サイトに勝ち抜く必要があります。

それとは逆に、スモールキーワードというのは2つ以上の単語をミックスさせたキーワードや、マイナーなキーワードを意味します。

具体的に言えば「渋谷 イタリアン 個室」や「長岡市 整骨院 腰痛」等のキーワードが、スモールキーワードとして扱われます。

スモールキーワードは単純な検索回数ではビッグキーワードの比べものにもなりませんが、競合サイトがいっぺんに減るので検索上位を獲得しやすいプラスの面があります。

一例をご紹介しますと、「渋谷 イタリアン 個室」だったら競合サイトは380万件くらいになります。
前述の「イタリアン」単独だと1憶3700万件もヒットしたことと対比させてみると、36分の1の数まで競合サイトが少なくなっています。

競合が少なくなった分、10位以内に入れる可能性がかなり高くなっているのは疑いようもありません。

それから、スモールキーワードでは検索キーワードが具体的なぶん、検索ユーザーの本気度が高い傾向にあり、検索ユーザーのニーズと自社の商品・サービスの合致度も高くなります。

よって、スモールキーワードで獲得するアクセスのほうが、お問い合わせや来店等のコンバージョンが得られる可能性は高いのです。

SEO対策 コンテンツ



関連記事

  1. コンテンツSEOはアクセス数が安定化しやすい
  2. 専門医に診てもらうとかM字ハゲを治す手段は色々とあるみたい
  3. マッサージ|同窓会など大切な日の間際には...。
  4. 美容ハリと到達地点の体験談
  5. 交際クラブを六本木、銀座で探す
  6. 沖縄の結婚式サプライズを考えたら
  7. 太陽光発電システムのポイントとは
  8. 買取業者に依頼をする際の細心の注意とは?
  9. グラビアアイドルやレースクイーンやタレントの募集
  10. 法人用印鑑をどうするか
  11. 格安フラッシュモブの事を相談
  12. 葉酸サプリでママになる準備、始めましょう!